利用規約

 

この利用規約(以下「本規約」いいます。)は、株式会社FRESS(以下「当社」といいます。)が提供するカウンセリングサービスおよび当社が運営するオンラインストアの利用条件等を定めるものです。

 

第一章:総則

第1条(定義)

本規約における用語の定義は以下のとおりとします。

  1. 「お客様」とは、カウンセリングサービスを利用し、または本ストアで商品を購入する個人または法人をいい、会員を含みます。

  2. 「本ウェブサイト」とは、当社が運営するウェブサイト(https://www.fressmentalhealth.com)をいいます。

  3. 「本ストア」とは、当社が物品の販売を行う本ウェブサイト上のオンラインストア(https://www.fressmentalhealth.com/shop)をいいます。

  4. 「本プライバーポリシー」とは、当社が本ウェブサイトにおいて掲載する「プライバシーポリシー」(https://www.fressmentalhealth.com/privacy-policy)をいいます。

  5. 「本利用契約」とは、第3条第2項に基づき成立するお客様と当社の間の、カウンセリングサービスの利用に関する契約をいいます。

  6. 「本商品売買契約」とは、第12条第3項に基づき成立するお客様と当社の間の、商品の売買契約をいいます。

  7. 「カウンセリングサービス」とは、カウンセリングセッションによるサービスをいい、第2条第1項に定める内容のものをいいます。

  8. 「カウンセリングセッション」とは、第2条第1項に定めるカウンセリングサービスをいいます。

  9. 「登録カウンセラー」とは、カウンセリングセッションを行うために当社に登録しているカウンセラーをいいます。

  10. 「担当カウンセラー」とは、お客様が予約したカウンセリングセッションを担当する登録カウンセラーを指します。

  11. 「個人情報」とは、個人情報の保護に関する法律第2条第1項に定める個人情報をいいます。

  12. 「反社会的勢力」とは、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団、その他これらに準ずる者をいいます。

 

 

第二章:カウンセリングサービス利用条件

 

第2条(カウンセリングサービスの内容)

  1. カウンセリングサービスの内容は、担当カウンセラーがオンライン上の通信によりまたは対面で面談(カウンセリングセッション)を行うサービスとします。

  2. 医療行為に該当する行為はカウンセリングサービスの対象外とします。

  3. カウンセリングサービスは、法律に基づく国家資格、民間資格その他の資格に基づく者により提供されることを確約するものではありません。

  4. お客様は、カウンセリングサービスを受けるに当たり、本ウェブサイトにおいて表示される利用方法または注意事項を全て遵守するものとします。

  5. 対面によるカウンセリングサービスは、当社が別途指定する場所において実施するものとします。

  6. 当社は、日本語によりカウンセリングサービスを提供するものとします。

  7. 当社は、第22条に従いカウンセリングサービスの内容を変更することがあるものとします。

 

第3条(本利用契約の成立)

  1. お客様は、カウンセリングサービスの利用を希望する場合、本ウェブサイト上でカウンセリングサービス毎に当社が指定する方式に従い申込みを行うものとします。なお、お客様は本規約および本プライバシーポリシーの内容を予め承諾した上で当該申込を行うものとします。

  2. 当社は、第1項に定めるお客様の申込みを承諾する場合、当社より受付が完了した旨の通知をお客様に行うものとします。当該通知が到達した時点において、お客様および当社との間で本規約に基づく本利用契約が成立するものとします。なお、本利用契約は、お客様と当社の間で成立するものであり、お客様と担当カウンセラーとの間で成立するものではありません。

  3. 当社は、お客様が以下の各号に該当する場合、第1項に基づく申込に対する承諾を拒否することができます。

  1. 入院中もしくは通院中の方で、カウンセリングサービスを利用することにつき医療機関の許可を受けていない場合、または自傷もしくは他害のおそれのある状態にある場合

  2. 未成年であり、カウンセリングサービスを利用することについて親権者の同意を得ていない場合

  3. 成年被後見人であり、カウンセリングサービスを利用することについて成年後見人の同意を得ていない場合、または被保佐人もしくは被補助人であり、カウンセリングサービスを利用するには保佐人もしくは補助人の同意が必要とされているにもかかわらずこれを得ていない場合

  4. 反社会的勢力である場合

  5. 過去に当社との契約に違反した者である場合

  6. 第三者にカウンセリングサービスを利用させる目的で申込を行っている場合

  7. カウンセリングサービスを利用することが不適切であると当社が判断した場合

    1. 当社は、第1項の申込を行ったお客様について一定の審査が必要と判断した場合、お客様に必要な資料その他の情報の提供を求める場合があります。その場合、お客様は、速やかに指定された資料その他の情報を当社に提供するものとします。

    2. 当社は、お客様の申込を承諾しない場合、お客様からその理由について問い合わせがあったとしても、当該理由について回答する義務を負わないものとします。

 

第4条(カウンセリングサービスの利用料金・決済方法)

  1. カウンセリングサービスの利用料金は、登録カウンセラー別に本ウェブサイトに記載するとおりとします。ご利用時間はお客様がカウンセリングサービスの申込時に選択した時間(以下「申込時間」といいます。)によるものとし、実際に行われたカウンセリングサービスの時間が申込時間に満たない場合でも、お客様は申込時間に応じた料金の支払義務を免れないものとします。

  2. お客様は、カウンセリングサービスの利用申込時に、利用料金を消費税および地方消費税を加算して、クレジットカードを利用した決済により当社に支払うものとします。

 

第5条(キャンセルポリシー)

  1. お客様は、予約したカウンセリングサービスについて実施日時の変更またはキャンセル(以下「キャンセル等」といいます。)を行う場合、実施予定日の前日21時までに、【本ウェブサイトを通じて】担当カウンセラーに対して事前に通知するものとします。

  2. 前項に従いお客様がキャンセル等を行った場合、カウンセリングサービスの実施日時の変更がお客様および当社の間で合意されたときを除き、当社はお客様から支払われた利用料金を返金するものとします。

  3. 第1項に定める期限までにキャンセル等の通知をお客様が行わなかった場合、お客様は当初予約したカウンセリングサービスの日時をキャンセル等できないものとし、本規約に従った利用料金の支払義務を免れないものとします。

 

第6条(不可抗力による欠席、遅刻)

お客様は、天災地変その他不可抗力によって予約済みのカウンセリングサービスを欠席または遅刻した場合でも、当社に対して既に支払った利用料金の返金を請求できないものとします。但し、お客様は、別の日時において、サービスの提供を受けられなかった時間に応じてカウンセリングサービスを受けることができるものとします。

 

第7条(権利の帰属)

  1. カウンセリングサービスにおいて当社がお客様に提供することのある一切のコンテンツ(以下「本コンテンツ」といいます。)の著作権(著作権法 27条および第 28条に定める権利を含みます。)、特許権、商標権等の知的財産権その他一切の権利(以下「知的財産権等」といいます。)は、当社または当社の提携先等の第三者(担当カウンセラーを含み、以下「当社・提携先等」といいます。)に留保されるものとします。

  2. 本利用契約は、本規約において明示的に許容された以外の態様によるお客様の本コンテンツの使用を許諾するものではありません。お客様は、当社・提携先等の事前の書面による許諾を得ることなく、本コンテンツの翻案、編集、改変等を行い、これを第三者に使用させ、または公開することはできず、いかなる理由によっても当社・提携先等の知的財産権等を侵害するおそれのある行為(逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングを含みますが、これに限定されません。)をしないものとします。

 

第8条(カウンセリングサービスに関する自己判断)

  1. カウンセリングサービスに関し、担当カウンセラーの選別、担当カウンセラーに対する相談内容の選択、その他の一切の決定は、全てお客様の判断および責任において行うものとします。

  2. カウンセリングサービスにおいて、お客様が医療機関による診察を受ける必要性が高いと担当カウンセラーが判断した場合、担当カウンセラーはお客様に医療機関による受診を勧告することができるものとします。お客様は当該勧告を踏まえ、自らの判断および責任により医療機関を受診するものとします。

 

第9条(カウンセリングサービスの中止)

  1. 当社または担当カウンセラーは、以下に該当する場合、カウンセリングサービスの開始前または実施中のいずれであるかを問わず、カウンセリングサービスを中止することがあります。

    1. お客様が自殺または自傷行為に及ぶ可能性を否定できないと当社または担当カウンセラーが判断した場合

    2. 既往の疾患または障害に係る症状が悪化する可能性があると当社または担当カウンセラーが判断した場合

    3. お客様のトラウマ体験が触発される可能性があることにより、カウンセリングサービスの継続がお客様の心理的健康を害するおそれがあると担当カウンセラーが判断した場合

    4. お客様に強迫症状や衝動性が発現し、当該症状の改善が困難であると担当カウンセラーが判断した場合

    5. お客様が担当カウンセラーに対し、中傷、脅迫、いやがらせ等の行為を行った場合

    6. お客様の迷惑行為等によりカウンセリングサービスが十分に遂行できないと担当カウンセラーが判断した場合

    7. その他カウンセリングサービスを継続するのが適切でないと当社または担当カウンセラーが判断した場合

2. 当社は、本条に基づきカウンセリングサービスを中止した場合でも、同サービス未実施時間に対応する利用料金も含め、支払済みの利用料金をお客様に返金しないものとします。

 

第10条(お客様による記録化)

  1. お客様がカウンセリングサービスを録音、録画または撮影する場合には、担当カウンセラーの事前の同意を得るものとします。

  2. お客様は、前項に基づき録音、録画または撮影したデータおよびその複製物を、第三者に開示しないものとし、また、当該データを不特定多数の者がアクセスし得る場所に保存するなど、当該データの漏洩のおそれのある行為をしないものとします。

 

第11条(担当カウンセラーによる記録化)

  1. 当社は、カウンセリングサービス時のやり取りの内容を録画、録音その他の方法で記録化できるものとします。

  2. 当社は、カウンセリングサービスの提供および案内ならびに当該サービスの維持向上のため、前項に基づき記録化した情報を閲覧または確認できるものとします。ただし、当社はいかなる場合においても、当該情報を閲覧または確認する義務を負うものではありません。

  3. 当社は、担当カウンセラーをして、第1項に基づき記録化した情報を第27条に定める秘密情報として取り扱わせるものとし、また、当該記録が個人情報を含むものである場合、第28条に定める義務を遵守させるものとします。

 

第三章:本ストアの利用条件

 

第12条(商品の売買)

  1. お客様は、本ストアにおいて当社から商品を購入することができます。

  2. お客様は、商品の購入を希望する場合、当社が指定する方法に従って商品の購入を申し込むものとします。なお、お客様は本規約および本プライバシーポリシーの内容を予め承諾した上で当該申込を行うものとします。

  3. 当社は、前項に定めるお客様の申込みを承諾する場合、当社より受付が完了した旨の通知をお客様に行うものとします。当該通知が到達した時点において、お客様および当社との間で本規約に基づく本商品売買契約が成立するものとします。

  4. 当社は、お客様が以下の各号に該当する場合、第2項に基づく申込に対する承諾を拒否することができます

    1. 未成年であり、本ストアで商品を購入することについて親権者の同意を得ていない場合

    2. 成年被後見人であり、本ストアで商品を購入することについて成年後見人の同意を得ていない場合、または被保佐人もしくは被補助人であり、本ストアで商品を購入するには保佐人もしくは補助人の同意が必要とされているにもかかわらずこれを得ていない場合

          3. 反社会的勢力である場合

          4. 過去に当社との契約に違反した者である場合

          5.  第三者に本ストアで商品を購入させる目的で申込を行おうとしている場合

          6. 本ストアで商品を購入することが不適切であると当社が判断した場合

 

5. 当社は、第2項の申込を行ったお客様について一定の審査が必要と判断した場合、お客様に必要な資料その他の情報の提供を求める場合があります。その場合、お客様は、速やかに指定された資料その他の情報を当社に提供するものとします。

6. 当社は、お客様の申込を承諾しない場合、お客様からその理由について問い合わせがあったとしても、当該理由について回答する義務を負わないものとします。

7. インターネット上の障害、その他当社の責めに帰することができない事情によって、お客様の注文が当社に到達しなかった場合、当社は何ら責任を負わないものとします。

8. 本商品売買契約に基づく商品の送料は、第16条に定める場合を除きお客様の負担とし、具体的な金額は本ストアにおいて定めるとおりとします。

9. 商品のお届けに要する日数(以下「配送日数」といいます。)は、商品の種類、数量、ご注文日時または配送エリア等によって異なりますが、本ストアにおいて表示する配送日数を目安とします。但し、当社が特に指定する商品については 別途定めることができるものとします。

 

第13条(決済方法)

お客様は、商品代金に消費税および地方消費税を加算した金額を、本商品売買契約の申込時にクレジットカードを利用した決済により当社に支払うものとします。

 

第14条(所有権移転および危険負担)

  1. 本商品売買契約に基づく商品の所有権は、お客様が引渡しを受けた時に、当社からお客様に移転するものとします。

  2. 本商品売買契約に基づく商品の全部または一部が、お客様に対する引渡し前に滅失または毀損した場合、その損失は当社が負担するものとします。本商品売買契約に基づく商品の全部または一部が、お客様に対する引渡し後に滅失または毀損した場合、その損失はお客様が負担するものとします。

 

第15条(本商品売買契約の解約等)

お客様は、本規約に定める場合を除き、本商品売買契約を解除もしくは解約し、または本商品売買契約に基づき発送された商品の返品もしくは交換を請求することはできません。

 

第16条(契約不適合責任)

本商品売買契約に基づきお客様に引き渡された商品が、当社の責めに帰すべき事由により、種類、品質または数量に関して本商品売買契約の内容に適合しないものである場合、当該引渡時から1年間、当社は、お客様に対し、民法第562条から564条および本規約第24条に従い責任を負うものとします。これに伴い商品の返送または代替品の発送が必要になる場合、当該返送または発送の送料は当社の負担とします。

 

第17条(商品受領拒否等)

お客様が商品の受領に応じない場合、その他お客様のご事情でお届先への配送ができない場合、当該本商品売買契約は当然に解除されたものとみなします。かかる場合、お客様は当社の損害を賠償する責任を負うものとします。

 

第四章:オンラインによるカウンセリングサービスおよび本ストア運営の中断等

 

第18条(一時的な中断)

  1. 当社は、以下の各号のいずれかの事由に該当することによりカウンセリングサービスの提供または本ストアの運営の維持が合理的に困難になった場合には、お客様に事前に通知することなく、一時的にカウンセリングサービスの全部もしくは一部の提供を中止し、または本ストアの運営を中断することができるものとします。

    1. ​火災、停電その他の事由により、カウンセリングサービスの予約もしくは提供または本ストアの運営に用いるサーバー、通信回線その他の設備の故障または障害が発生したとき

    2. カウンセリングサービスの予約もしくは提供または本ストアの運営に用いるウェブサイト、システム(サーバー、通信回線、電源、それらを収容する建築物などを含みます。)の保守、点検、修理または変更が必要になったとき

    3. 地震、噴火、洪水、津波等の天災が発生したとき

    4. 戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議、疫病の蔓延等その他不可抗力の事象が発生したとき

    5. カウンセリングサービスまたは本ストアに関し法令またはそれに基づく措置を求められたとき

    6. 前各号に準ずる事象が発生したとき

2. 当社は、前項に基づくカウンセリングサービスの提供または本ストアの運営の中断に起因する一切の損害について、お客様および第三者に対して一切責任を負わないものとします。

 

第五章:お客様の遵守事項等

第19条(お客様の遵守事項等)

  1. お客様は以下の行為をしてはならないものとします。

    1. カウンセリングサービスを受け、または本ストアにおいて商品を購入するに当たりお客様に適用のある法律、政令、省令、条例、規則および命令等に違反する行為

    2. 本規約、本プライバシーポリシーその他当社が定める規約、ガイドラインに違反する行為

    3. 本利用契約もしくは本商品売買契約の申込に際し、当社に虚偽の事実を申告する行為

    4. 当社と関係のない団体、サービス、活動等への勧誘を目的としてカウンセリングサービスを利用しまたは本ストアにおいて商品を購入する行為(政治活動および宗教活動を目的とするものを含みます。)

    5. 営業行為、広告、その他営利を目的としてカウンセリングサービスを利用しまたは本ストアにおいて商品を購入する行為

    6. 他人のクレジットカード、電話、銀行口座、電子マネー等を盗用してカウンセリングサービスの提供を受けまたは本ストアで商品を購入しようとする行為、および他のお客様の情報を不正使用する行為

    7. 当社、他のお客様その他第三者の権利を侵害しまたはこれらの者に迷惑、嫌がらせ、差別もしくは誹謗中傷をする行為

    8. 当社ならびにカウンセリングサービスおよび本ストアのイメージを損なう行為

    9. 当社の運営を妨げまたはそのおそれのある行為

    10. その他当社が不適切と判断する行為

2. カウンセリングサービスおよび本ストアを利用するに当たっては、お客様の費用と負担において、必要な通信手段、回線、機器、ソフトウェアその他一切の手段を準備および維持するものとします。

 

第六章:保証の否認

第20条(保証)

  1. 当社は、カウンセリングサービスおよび本ストアで販売される商品についてお客様に何ら成果、効用または効能を保証するものではありません。

  2. カウンセリングサービスは、お客様の心理的援助等の支援をする機会を設けることを目的しており、当社および担当カウンセラーは、担当カウンセラーによる心理的援助等による心身の健康改善を保証しないものとします。当社は、お客様によるカウンセリングサービスの利用により、お客様の心身の状態が改善されず、または悪化した場合でも一切の責任を負わないものとします。

 

第七章:一般条項

第21条(再委託)

当社は、本利用契約または本商品売買契約に基づく業務を第三者に再委託することができるものとします。

 

第22条(本規約の変更)

当社は、本規約を変更する場合、変更内容に応じて一定の猶予期間を設けて変更後の規約の効力発生時期を定め、かつ、本規約を変更する旨および変更後の本規約の内容ならびにその効力発生時期を事前に本ウェブサイトまたは当社が適切と判断する方法によりお客様に周知するものとします。当該効力発生時期に本規約の変更の効力が生じるものとします。

 

第23条(通知方法)

  1. 当社は、お客様に通知および連絡の必要があると当社が判断した場合、お客様が登録した情報に記載されている電子メールアドレス、電話番号または住所に対し、電子メール、電話または郵便を用いて通知および連絡を行います。

  2. 当社からの通知および連絡が不着し、または遅延したことによって生じる損害について、当社の故意または重過失がある場合を除き、当社は一切の責任を負いません。

  3. お客様が当社に通知、連絡、問合せをする必要が生じた場合、本ウェブサイトに記載の窓口に対し、電子メールまたは郵便をもって行うこととします。

  4. 前項に基づきお客様等から問合せがあった場合、当社は、お客様の本人確認を行うことができるものとします。また、問合せに対する回答方法(電子メール、書面による郵送、電話等)については、その都度、当社が最適と考える方法によることができるものとします。

 

第24条(損害賠償)

  1. 当社は、本利用契約または本商品売買契約に起因または関連して生じるお客様の損害について、当社に故意または重過失がある場合に賠償する責任を負うものとします。

  2. 前項に基づき当社が賠償するお客様の損害は、お客様が現実に被った直接かつ通常の損害に限られるものとし、法律構成の如何を問わず、損害発生の原因となった本利用契約に基づいて当社がお客様から受領した利用料金または損害発生の原因となった本商品売買契約の代金額を累積での上限額とします。

 

第25条(解除)

  1. お客様が次のいずれかの事由に該当する場合、当社は何らの催告を要することなく直ちに本利用契約または本商品売買契約(当事者の主要な義務が全て履行済みのものを除きます。)を解除することができるものとします。

    1. 本利用契約または本商品売買契約(本規約第19条第1項を含みます。)に違反したとき

    2. 自らが振り出しもしくは引き受けた手形もしくは小切手が不渡りとなったときまたは支払停止もしくは支払不能の状態になったとき

    3. 第三者より仮差押え、仮処分、差押え、競売の申立てその他の強制執行または公租公課の滞納処分を受けたとき

    4. 破産、民事再生その他法的倒産手続の開始申立てがあったとき

    5. その他、本利用契約または本商品売買契約を継続しがたい重大な事由が生じたとき

  2. お客様は、前項各号のいずれかに該当した場合、当社からの通知により、本利用契約または本商品売買契約に基づく一切の債務について期限の利益を失い、直ちに全ての債務を履行するものとします。

 

第26条(反社会的勢力)

  1. お客様および当社は、自らが次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたり該当しないことを確約します。

    1. 反社会的勢力であること

    2. 反社会的勢力が経営を支配していると認められる関係を有すること

    3. 反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること

    4. 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に反社会的勢力を利用していると認められる関係を有すること

    5. 反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること

    6. 役員または経営に実質的に関与している者が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること

 

    2. お客様および当社は、自らまたは第三者を利用して次の各号の一つにでも該当する行為を行わないことを確約します。

  1. 暴力的な要求行為

  2. 法的な責任を超えた不当な要求行為

  3. 取引に関して脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為

  4. 風説を流布し、偽計もしくは威力を用いて他の当事者の信用を毀損し、または他の当事者の業務を妨害する行為

  5. その他前各号に準ずる行為

3. お客様および当社は、相手方が前各項に違反した場合は、催告を行うことなく直ちに本利用契約または本商品売買契約(当事者の主要な義務が全て履行済みのものを除きます。)を解除できるとともに、当該解除により被った損害の賠償を相手方に請求できるものとします。なお、この場合、本利用契約または本商品売買契約を解除した当事者は、当該解除により相手方の被った損害について賠償する責を負わないものとします。

 

第27条(秘密保持)

  1. お客様および当社は、本利用契約または本商品売買契約のいずれかの有効期間中ならびに本利用契約および本商品売買契約が全て終了した後3年間、本利用契約または本商品売買契約に関して知り得た相手方に関する情報、ならびに本利用契約または本商品売買契約の存在および内容(以下「秘密情報」という。)について、相手方の書面による事前の承諾がある場合を除き、これを第三者に対して開示せず、かつ本利用契約または本商品売買契約の目的以外に利用しないものとします。ただし、次に定めるものは秘密情報から除かれるものとします。

  1. 相手方から開示を受けた時点で公知である情報

  2. 相手方から開示を受けた後、当事者の責によらず公知となった情報

  3. 相手方から開示を受けた時点で既に適法に保有していた情報

  4. 秘密保持義務を負うことなく適法に第三者から取得した情報

2. 前項にかかわらず、お客様および当社は、法令に従い要求される場合、または裁判所もしくは行政機関の要請により合理的に必要となる場合には、秘密情報を開示することができるものとします。

 

第28条(個人情報保護)

当社は、カウンセリングサービスの提供または本サイトの運営に際して取得したお客様に関する個人情報に関して個人情報の保護に関する法律および本プライバシーポリシーを遵守します。

 

第29条(権利義務の譲渡禁止)

お客様は、当社の事前の書面による承諾がある場合を除き、第三者に対し、本利用契約もしくは本商品売買契約上のお客様の地位または本利用契約もしくは本商品売買契約に基づく権利もしくは義務について、その全部または一部を譲渡もしくは移転し、または第三者のための担保に供する等一切の処分をすることができないものとします。

 

第30条(準拠法および合意管轄)

  1. 本利用契約および本商品売買契約は日本法を準拠法とし、日本法に従い解釈されるものとします。

  2. 本利用契約および本商品売買契約について紛争が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

2021年7月1日制定